団体の皆様へ

団体の皆様へ

偏見を見直すアート

世の中にはたくさんの「偏見」があり、私たちが持っているイメージと現実は異なる場合があります。
Germe(ジェルム)はこの誤った理解を見直すきっかけを社会の中に創り出すアートです。
この偏見は、私たちが他人のことをカテゴリー化すること(簡単に理解しようとする心理)から生まれます。
たとえば、人を男性や女性、大人や子供などと無意識に区分けすることで私たちは簡単に理解しやすくしようとします。
このような特性が「ステレオタイプ」という固定観念を作り出し、その結果として偏見や差別が生まれやすくなっています。
私たちは情報を整理する過程で、無意識のうちにこれらの偏見を持つことがあり、それが時に差別的な行動や意識につながりやすい社会性があります。
この無意識の思い込みや偏見は「アンコンシャス・バイアス」と呼ばれ、私たちがこれまでに経験したことや、見聞きしたことに照らし合わせて「自分なりに解釈する」という心理的な傾向です。
私たちは、自分たちのグループ(内集団)には好意的に振る舞い、知らない人々や異なるグループ(外集団)には否定的な反応を示す傾向があります。
これは、社会心理学で長い間研究されてきた現象で、内集団に属することで得られる安心感や安定感を求め、外集団を排除することで自分たちの立場を守ろうとしてしまいやすいからです。しかし、偏見やステレオタイプに基づいた判断は誤りが多く、相手に対する誤解や無知から生じることが多いのが現状です。

世の中にはたくさんの「偏見」があり、私たちが持っているイメージと現実は異なる場合があります。
Germe(ジェルム)はこの誤った理解を見直すきっかけを社会の中に創り出すアートです。

この偏見は、私たちが他人のことをカテゴリー化すること(簡単に理解しようとする心理)から生まれます。
たとえば、人を男性や女性、大人や子供などと無意識に区分けすることで私たちは簡単に理解しやすくしようとします。
このような特性が「ステレオタイプ」という固定観念を作り出し、その結果として偏見や差別が生まれやすくなっています。

私たちは情報を整理する過程で、無意識のうちにこれらの偏見を持つことがあり、それが時に差別的な行動や意識につながりやすい社会性があります。
この無意識の思い込みや偏見は「アンコンシャス・バイアス」と呼ばれ、私たちがこれまでに経験したことや、見聞きしたことに照らし合わせて「自分なりに解釈する」という心理的な傾向です。
私たちは、自分たちのグループ(内集団)には好意的に振る舞い、知らない人々や異なるグループ(外集団)には否定的な反応を示す傾向があります。

これは、社会心理学で長い間研究されてきた現象で、内集団に属することで得られる安心感や安定感を求め、外集団を排除することで自分たちの立場を守ろうとしてしまいやすいからです。しかし、偏見やステレオタイプに基づいた判断は誤りが多く、相手に対する誤解や無知から生じることが多いのが現状です。

理解の促進を進めるための場

このような問題を解決し偏見を減らすためには、異なる背景を持つ人々との接触を増やし、理解する(相手の話を聞き、偏見やカテゴリー化から自由になる)きっかけが社会の中に身近にある必要があります。しかし、今の社会はこのような場が十分に足りていません。

より良い理解の促進を図り偏見を減らすために 、Germeを通して、皆さまの思いを表現していただくことで、その領域(カテゴリー)の理解の促進を進め、差別や偏見を共になくしていきたいと考えています。

あなたの声が、その領域の未来を変えることに繋がります。

プロジェクトの流れ

Step1. お打ち合わせ

展示場所、支援団体の検討。
企業の問題点をヒアリングいたします

Step2. お見積り

お打ち合わせから、
3日以内にお見積りを
提出いたします。

Step3. お支払い

Step4. プロジェクトスタート

支援先団体での作品づくりの開始。
(1作品 90分×人数分)
ニュースペーパー(展示会案内状)制作
2ヶ月

Step5. ニュースペーパー配布

1ヶ月

Step6. 展示会

1週間から1ヶ月の展示期間
※店内に展示スペースとして
使える場所をお持ちの方

アートプロデューサー土井田一将

アートディレクター吉崎友恵