静寂の双葉

静寂の双葉

現代社会では、生産性や効率が重視されますが、この一方で、私たち人間の内面的な声や、他者や自然との深いつながりは見過ごされがちです。競争が中心の社会では、このような目に見えないつながりや、内なる声を聞くことがおろそかになりがちです。

たとえば、心の声や体の声というのは、私たちが感じる感情や肉体的な感覚を指します。これらは物理的な音としては聞こえませんが、私たちの幸福や健康に直接的な影響を与える重要な指標です。心がストレスを感じたり、体が疲れを訴えたりする時、これらは私たちに何かがおかしいと警告しているサインなのです。
このような内面の声に耳を傾けることで、私たちは自分自身の健康や幸福に必要な変化を人生に加えることができます。

例えば、過度の仕事から一歩引いて休息を取る、あるいは人間関係でストレスを感じる場合はその原因を探り、俯瞰して見てみるなど、自分自身との対話を重視することは、より豊かな人生を送るための鍵となるのではないでしょうか。

また、自然とのつながりを深めることも、私たちの心身の健康には非常に有益です。都会の喧騒を離れ、森林浴をする、海辺を散歩する、または庭でガーデニングを楽しむなど、自然と共に過ごす時間は、心を落ち着かせ、日々の生活のストレスを軽減する効果があります。自然の中で深呼吸をするだけでも、私たちの心は癒されます。

私が思う静寂は、社会を俯瞰し離れて自分の心や身体の声に耳を傾ける時間です。