愛の双葉

愛の双葉

愛はとはなんでしょうか。
温かくて、包み込まれていたり、気づかない誰かの傘の下で私たちは生きています。
愛とは、労りや慈しみの気持ちともいえます。

現代の競争社会は、成果と成功を追求することに重点を置くあまり、自分自身や家族など、身近な存在への愛と思いやりを見落としやすい環境を生み出しています。しかし、真の充実感は目に見える成果よりも、心の繋がりや愛情によってもたらされるのではないでしょうか。

この「双葉」は、私たちの存在を支え、生かしてくれる深い愛、その温もりと柔らかさを象徴しています。

愛は常に私たちの周りにあり、それは必ずしも目に見える形で存在するわけではありません。愛を感じることは、目には見えないけれど、確かに存在する絆を感じることに他なりません。

この双葉を通じて、日常に潜む愛を再発見し、それを大切にすることの重要性を再認識する機会を創りたいと思います。

「ありがとう」「ごめんなさい」「愛してる」、これらは時に照れくさくて言いにくい言葉ですが、最も身近な人々や自分自身に対して、真心からの愛を表現する大切なメッセージです。しかし、日々の忙しさに追われる中で、これらの単純ながらも重要な言葉を口にすることを忘れがちです。

愛は、新芽が成長するために必要な水や栄養のようなもの。私たちの心を豊かにし、精神的な強さを育てます。

愛はいつも私たちのそばにありますが、その存在を意識しないと見逃してしまいやすく、失って初めてその価値に気付くものでもあります。